七草粥

お正月、、、
松の内の最後の日に当たる1月7日は、春の七草です。
七草粥を食べるご家庭も多いかと思います。

実は私、、、七草粥を食べたことがありません( ; ; )

そこで七草粥について調べてみました(^ ^)
古来日本では、雪の間から芽を出した若菜を摘む(若菜摘み)という風習があったそうです。
そしてお隣の中国では、、、唐の時代に1月7日に7種類の野菜を入れた汁物(七種菜羹)を食べて、無病息災を祈りました。

平安時代に中国の風習や行事が多く日本に伝わってきて、若菜摘みと七種菜羹の風習が交わって【七草粥】が食べられるようになったそうです。

春の七草の意味と効果は

芹(せり)=競り勝つ
解毒効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、食欲増進、血圧降下作用などがあります。

薺(なずな)=撫でて汚れを除く
別名をぺんぺん草といいます。
利尿作用や解毒作用、止血作用を持ち、胃腸障害やむくみにも効果があるとされています。

御形(ごぎょう)=仏体
ハハコグサの事です。
痰や咳に効果があります。喉の痛みもやわらげてくれます。

繁縷(はこべら)=繁栄がはびこる
はこべとも呼ばれます。
昔から腹痛薬として用いられており、胃炎に効果があります。歯槽膿漏にも効果があります。

仏の座(ほとけのざ)=仏の安座
一般的に小鬼田平子(コオニタビラコ)を指します。
胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。

菘(すずな)=神を呼ぶ鈴
蕪(かぶ)の事です。
胃腸を整え、消化を促進します。しもやけやそばかすにも効果があります。

蘿蔔(すずしろ)=汚れのない潔白
大根の事です。
風邪予防や美肌効果に優れています。

このように七草には体にいい効果だけでなく、美容にも効果があるものがたくさん入っています。
スーパーに七草が全て入ったセットなども販売しているみたいなので是非お試し下さい!