こんにちはChambre de Embellir.(シャンブル ドゥ アンベリール)です。
毎日ポカポカ陽気で気持ち良い日が続きますね。

お花見やドライブなど…思わず外に出掛けたくなります。

日差しは柔らかくて気持ち良いですが、この時期の紫外線には要注意です。
夏と春の紫外線の違いをご存知ですか?

夏の季節は、UVBがとても強く、春の季節は、肌老化の原因となるUVAが、真夏と変わらないぐらい降り注いでいます。

UVAは、波長の長い紫外線で、サンバーンは起こさないが、黒っぽい日焼けをつくりやすくなります。また、お肌の真皮層まで届き、徐々に組織を壊していくため、長年のうちに深いしわの原因にもなると言われています。
UVAの怖さは、「波長が長い」ことで、雲やガラス窓も透過し、皮膚の奥まで届くところです。

「紫外線対策は春から!」と言われる理由は、紫外線量は、春先から急に増え始め、UVAは5~6月には真夏とほとんど同じ程度に、また、UVBも真夏の8割程度の量になるため、しっかりとした紫外線対策が春から必須と言われるのです。

皆様も是非紫外線対策を。
既に肌トラブルでお悩みの方もお気軽にご相談下さいませ。